プロフィール

ろに

Author:ろに
主に好きなものについて好きなように語ります。買ったり作ったり、趣味の範囲で好きにするのが好き。
買:既製品のご紹介。
作:趣味で作ったものについて。
映画本:手持ち映画を思い出して観た時、新しく観た時等、辛口であろうと好きなものだけ(予定)。
徒然:ろにの何でもない日常。

あくまで若造が趣味、好きなものについて好きなように語っておるものですので、誤り・生意気意見等、ご容赦下さいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハート泥棒、参上。

IMG_0506[1]

随分と久しぶりの更新となってしまいました、ろにです。
此度の記事は、前に書きました六帝の自主制作本、通称“しおり”第5弾『Run & Gun』についてでございます。
完成致しました、11月26日、六帝集合日。そう、 当 日 に。
己の作業スピードと何とかなるだろ的な目算の甘さに毎度自ら首を絞めております。
己の睡眠時間における耐久度を過信し、精度の落ちた作業中グルーガンで指を焼きつけるわ厚紙で切るわ…まだまだだね(´ー`)なんて自分で言ってる場合じゃございませんが、そんなおふざけに謎のテンションで及びながらも完成した品が此方。
金の画用紙を張ったケースに本とCDを入れ、少しレースっぽいゴムで閉じる仕組み。
真っ黒のオーバル型の中身は本当は我らが神イラスト担当様の装画ですが、著作権上偉そうに載せるわけにはいきませんので真っ黒にさせて頂いております。
IMG_0507[1]
しおり本体。
真っ黒くろすけで分かり難いですね。笑
装丁は黒のベロアで、装画をオーバル型にカットして貼りつけ、縁取りに金のテープ?リボンを貼りつけています。栞は各自のイメージカラー(厳密には違うカラーですが手持ち糸の関係上)のタッセル。見返しにもケースと同じ金の画用紙を使用しました。各自の創作ページはイメージに合わせた透かしを入れました。
しかしやはり、コピー用紙だと真っ白さと薄さで格調に欠けますねぇ…今回も書籍用紙を使用かと思ったのですが、ケチるもんじゃありませんでした。装丁をベロアにして気持ち何となく様に出来たのに、中身の紙の質が際立ち、次回こそは書籍用紙を使おうという反省点の一つとなりました。
IMG_0508[1]
ケースの中身の本の下です。
CDがバラバラしてはカッコ悪いと思い、ダンボールを再利用でカット→5枚重ね、それに紙を貼って黒い絵の具で塗っております。ダイソーにPOP用のスチロール版?というような最適な物もあるのですが、何でもかんでも買ってはコスト(以下略)ですので、自分の工夫でどうにかなる所はどうにかしようと。しかし裏がありました。
ダンボールを5枚重ねるとあんなに重いとは………。
すまない皆、しおりが無駄に重量を増したのはこのせいです(土下座)。
加えて、このケースはとある手製本の作り方本に載っていたケースをアレンジしたものなのですが、本来と異なるのはオーバル型カットした点。面積を大部分削られたケースは、 圧 倒 的 な 閉 め 難 さ というケースの意義をぶち壊す欠点を生み出してしまいました。……すまない皆(土下座2)
IMG_0509[1]
CDの下部分。
ルパン三世『カリオストロの城』に出て来た予告状英訳をアレンジしたものをのっけております。内容は一言で言えば「近い内に君のハートを頂いちゃうぜ☆」的な英語でなければ(本当は英語でも) く っ さ く て とても載せられないもの。
ちなみにCD4枚目の下にも、銭形警部のかの有名な「ルパンはとんでもないものを盗んでいきました。貴女の心です」という台詞の英語訳を入れましたので、その対応として。
テーマがマフィア・ルパン的な怪盗でしたので、とりあえず豪華にを…目標に…
肝心の中身一部である己の創作が余りに稚拙で残念且つ無駄に長い結果となった事、何よりも鬼編集者として鬼畜な取り立てを行い続けましたので、せめて装丁はそれを払拭するに足るものを作ってやらぁ!と意気込み燃えたのは良いですが、己が火事になる悲劇となりました。
毎度結局、外は装画担当様、中身は己以外の三人に埋めてもらっております、トホホ…。
しかしこんな結果でも、今までよりはほんの少しずつだけれどマシになってきていると…自負…いえ自己満足をしております。
納得はしておりません。納得したらきっと進化出来ない。そう全ては次により良い物を作り妥協しない為に!!

等と取り繕って失態から適度に目を背けて己を守っておこうと思います。

そして旅行。そうメインは旅行なのです。(最初旅行が本当にメインでオマケ的に旅のしおり的なものを作る筈でした)
この度は最初に行った旅行と同じくUSJ。いやはや楽しかった、なかなか寒かったですが、クリスマス期間に入り、噂のツリーは綺麗でしたし、アトラクションもメジャー物は大体乗りました。
…しかし徹夜で臨んだ為、途中バックトゥザヒューチャーで時間旅行後、一時死にました。
凄まじい眠気は覚悟の上でしたが、まさか寝不足だと三半規管があそこまで脆くなるとは…その件についても皆にはご心配をかけてしまい、申し訳無かった…ちょっと寝たら水を得た魚のように復活しました。
次回予定のディズニーシーでは必ず睡眠を取って臨もうと思います。これは最早誓いです。

そして毎度の事なのですが、割と好きな事には一直線集中型な為に旅行日までしおり制作に思考の95%以上を傾け空いた時間は関連作業に没頭して、旅行当日は現実から解放される楽しい時間を過ごしますので、旅行が終わると現実についていけない駄目人間の私がおります。
何か作るものはないかと必要も無いのに考える日々…そしてディズニーランド特集がテレビでやると「行きてぇ…」と逃避に走る瞬間。もう一週間以上も経つのに!
はぁ………………………………そろそろディズニー行きませんか(´ー`)
スポンサーサイト

『Run & Gun』 CDケース

IMG_0454[1]_convert_20111107000307

タイトル通り、自主制作本『Run & Gun』イメージCD用のケースです。
出来るだけ前もって作っておかないと後で本の時に作業が溜まってやばい事になるので。笑
そして毎度訳わかめなのですが、アイフォンから画像をアップデートすると何故か縦横逆になります。
お見苦しくて申し訳ございませぬ。改善策募集中。(めんどくさがりなのでアップデート前にソフトで回転させるの以外で←)

以下簡単に工程をば。

IMG_0449[1]_convert_20111106234714
今回はデジパック?あのプラのCDケースに印刷した厚紙を張り付けたようなやつです。全部手作るのは面倒なのでそれにしようと思いました。一部既製品を使えば楽ですしね。DVDケースを使っても良かったんですが、CD4枚入れなければなりませんので、CDケースの方が安かったんですねぇ。
という事で、厚紙をそのCDケースに入る大きさ、私の場合は縦横プラス2mmずつ、厚さはケースと後でジャケットを入れる分と厚紙の厚さ分考慮して切り出します。
使用したのはダイソーのA4厚紙(8枚入り)、A4書類を綴じれるように一回り大きいサイズになっているので、A5の本を作る時にも使います。ダイソーで一番買ってる商品ですな。
切り出したら折り目部分に浅くカッターで切り込み入れて折っておきます。
IMG_0450[1]_convert_20111106234853
裏面。横はA4サイズをオーバーしてるので一枚繋がりは出来ませんので、A4の紙を半分に切って、横並びで張り付けました。表はそうもいかないので、一枚のまま張り付けた為、↑のように裏の紙が出ちゃっております。
本の表紙の要領の反対で。(本来は表の紙が大き目で、裏に折り返した後に裏の紙を貼り合わせます。)
IMG_0452[1]_convert_20111106235133
表裏共に貼り付けたらパンチで留めゴム用の穴をあけて、補強にハトメ。(画像がちまくて分かりにくいですが金のハトメがついてます)
IMG_0455[1]_convert_20111106234530
終わったらゴムを通して、動かないようにゴムと厚紙を接着。
それから市販のCDケースを貼りつけ。ケースが透明な分、接着剤塗った所も分かってしまい綺麗ではありません。
色々と今回も課題の残る仕上がりとなりました…。
曲目が決まり次第中にジャケットをつけて完成。ケースの表紙部分のデザインは後で少々変更予定です。

『Run & Gun』 扉絵

IMG_0359[1]_convert_20111018165525

“六帝”の自主制作本の扉絵。
毎回何かしらテーマを決めて本の雰囲気を変えます。
この度のテーマは「マフィア」で、とりあえず装丁は黒いベロア(本当はベルベットが良いのですがコストの関係で断念)を使うという事は決まっておるんですが、ちょっとルパンとか怪盗ロワイヤルとか混じりなマフィアというテーマなので、雰囲気に迷います。
こう、スタイリッシュ寄りのクラシックっていうか…思い切りマフィアとかルパンより渋さ抑え目でちょっぴりガーリー混じりなイメージで…各人の個性考えたらこのようになりました。
………………マフィアは一体何処に行ったんでしょう。
強いて言うならば右側のピンクはちょっと不二子ちゃん的なあれに出来たかなと思うんですが…。ガーリーとかデコラティブっぽくなった感が否めない。前々からちょびっとずつ手直ししたんですが根本からして何かが…もう良いや←

マフィアとか怪盗と一口に言っても色々雰囲気は違うと思うのです。
クラシック寄りだとか渋いとか、スタイリッシュ系とかモダンとか…扉絵はさておき、装丁その他の問題について。
とりあえずメインカラーは黒として、サブカラーは金・深紅辺りだろうか…。
最近スチームパンク物が目に付いて気になって仕方なく、せめてこの扉絵と黒いベロアの雰囲気だけで合わせていければ良いのですが、其方に転がらないかが心配です。何せスチームパンクは少々ゴシックとかヴィクトリアン混じりで渋い。
マフィアとか怪盗と被る雰囲気があるとは思いませぬか。

ちなみにこの扉絵で使用したのは
・inforest『ガーリー素材集』
・インプレスジャパン『味紙とヴィンテージな雑貨たち』
9割以上はガーリーの方を使用しましたが、どちらも可愛い素材集です。
味紙の方はアナログ素材を丁寧に使い易く加工してありますので、コラージュされる方は重宝するのではないでしょうか。この扉絵ではほっとんど使用されておりませぬが…。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。