プロフィール

ろに

Author:ろに
主に好きなものについて好きなように語ります。買ったり作ったり、趣味の範囲で好きにするのが好き。
買:既製品のご紹介。
作:趣味で作ったものについて。
映画本:手持ち映画を思い出して観た時、新しく観た時等、辛口であろうと好きなものだけ(予定)。
徒然:ろにの何でもない日常。

あくまで若造が趣味、好きなものについて好きなように語っておるものですので、誤り・生意気意見等、ご容赦下さいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『OZ』

おとぎぬし様のMystic Forestで取り上げられておりました『OZ』、私も大好きでございまして、DVDが無く嘆いていた所フリー動画の情報を拝見し、歓喜して即行鑑賞しましたので、私もこの映画について取り上げておこうと思います。
おとぎぬし様と動画投稿者様に感謝感謝。
御覧になりたい方はにこにこ動画で『OZ』を検索を。

さて語りをば。

鑑賞テンション:軽~中

軽いとはいえ、初の「中」ですディズニーで。あくまで個人的なものですが、御覧になれば私が今まで軽としてきた映画と比べてその理由がお分かりになるかと思います、はい。
オズの魔法使いの続きという設定で、ドロシーがカンザスに戻ったその後少し経ってからがOZの始まりです。
再びOZに戻る事となったドロシーは、そこで変貌したOZを目の当たりにします___
ディズニーだからといってそういうあれを侮るなかれ。小さい頃メリーポピンズだとかその他ディズニーアニメと同様のつもりで鑑賞した私はガーン!となりました。おとぎぬし様も仰られているようにホラーで恐いのではありませんのでご安心を。
しかし大人になって久しぶりに観て、多くの場面は楽しく観れたのですが…………
悪の王女(モンビ)の場面で寒気がしました。
何でしょう、音楽と状況のせいなんでしょうか…いつ観てもあの場面は体が強張ってしまいます。冷や冷や。思えば小さい頃に夢に出る程でした。
とはいえ、面白い映画です、雰囲気があり、映像美でファンタジー。オリジナルとまた異なる影のある世界と華やかな虹彩。
私もオズの魔法使いといえばオリジナルでなく、この映画から入った口ですので、最初はカカシだとかライオンだとか木こりだとか意味不明だったものです。この映画ではオリジナルのメインキャラクターが殆ど出てこないのです。ドロシーに協力するのは、新キャラクター達で、悪役も新しいです。個人的には、改めて見直してみてもう少しオリジナルのキャラが出ても良かったのではと思わないでもありませんが。
しかし新キャラクターも濃いです。善いキャラは勿論ですが、悪キャラ。悪の王女の手下に“ホイーラーズ”というのがいるんですが、改めてしげしげ見ると、昔、実写でどうやって撮影したのだろうと演者さんに感心します。両手両足を伸ばして地につけた状態で、四肢に車輪がついていて、それで移動するのです。あの車輪の金属音と、幼気な少女にまるで容赦無い脅しをかけるお兄さん(?)………この人達も小さい頃は中々恐かったな…。
いやはや…昔のディズニーは実写で、技術が限られた中で今見ても見劣りしないファンタジーな世界を作り上げていた点で凄いと思います。若干納得がいかない点もありますがそこはご愛嬌。
オズの魔法使いの新たな面を見たい方は是非ご鑑賞を。
スポンサーサイト

『アダムス・ファミリー2』



『アダムス・ファミリー2』

鑑賞テンション:軽

シュールなものが続いてすみません…。
これも大好きな映画の一つです、アダムスファミリー。1も好きなのですが中々DVDが出回ってなくてトホホ。
この代がやっぱり良いですね。何ってやはり一番は若きクリスティーナ・リッチ演じる長女ウェンズデー。
あぁウェンズデーになりたい…今まで何度願ったか。ある意味憧れの人物です。この静かな、しかし無口ではなく、無表情しかし無感情ではない、辛口加減聡明さ加減、堪らない。友達になって欲しい、きっとなってくれないだろうけどそこが良い。学生時代割と小生意気に反逆的(ド下手くそで低級な)だった私には反逆やマイナー精神のシンボルかもしれません。
ウェンズデーだけでなくキャラクターの強烈さに演者さんが全員ピッタリな所がまた良い。
これもまた子供の頃に見てイメージが強烈だったのか、悪女デビーを演じたジョーン・キューザックが暫く悪女・セクシーイメージの女優でした。割と堅い役柄の女性も多いと分かったのは暫く後だったような。
ピリっと毒の効いたコメディ、痛快。この人の目を気にしない家族、それが可能な財力とか頭とか半分不死身な身体(?)を持ってる所がまたマイナーに生きる勇気の無い私には爽快。主人公達なのに割と悪役ぽいのがまた良いんでしょうか。
世間から見れば“異質”なアダムスファミリー(ダークサイド)と世間一般(ジェダイ)的な…上手く言えませんが登場人物達の立ち位置やその言動の差がまた面白いのです個人的に。悪なのに善、善なのに悪とはこれ如何に。
アダムス側にはディズニーは恐怖の対象、サマーキャンプの皮肉な描かれ方、キャンプを取り仕切る人が善人ポジでありながらしかし人間的な所が出て恐かったり、その上でのアダムス兄弟のサマーキャンプへの復讐劇、最高です。(実際の私は臨海学校とかちゃんとメジャーに乗っかって楽しんでましたよ。笑)
ある種、現実逃避的にスッキリしたい時、笑いたい時に観ているかもしれませぬ。癖が無い事は無いので万人受けとは思いませんが、気楽なシュールで笑いたい方にオススメ。


>おとぎ主様
あるだけでも中々楽しい代物です、是非お買い求めを。是非、お買い求めを(大事な事なので二回言いました)。

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

nightmare.jpg


『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

鑑賞テンション:軽

早速の映画一つ目。大好きな映画の一つです。
その中でも1,2を争う映画。少しだけフィギュアを持ってる程好きです。
初めて見たのは確か小学校の時だったか…WOWOWの放送か何かで見たのが初でした。
小さな頃に見た映画はずっと影響されるものですが、そのナンバー1。
キャラクター一つ一つがシュールで強烈でしかし絶妙に恐くはなくて、可愛いのです。
性格もジャックを筆頭にハロウィンタウンのちょっぴり阿呆で強引ででも悪気は無い住人達がたまらない。
私がどうこう言うまでもなくコアなファンの多い有名作品でしたが、ディズニーに属して更に有名になりましたねぇ。
そうなる前までは高校時代など、ジャックのピンバッジとかをブレザーの襟につけていると、よく同級生にドクロ好きと勘違いされたものでした。
ジャックやサリーといった主要キャラは勿論、町長やロック・ショック・メイヤーも大好き。どこが可愛いと言ったら全部可愛いと言うしかない。あの奇妙な外見といい阿呆さといい…(褒め言葉)
世界観やキャラクター、脚本は勿論、音楽も大好きでサントラも持っています。
ダニー・エルフマンの音楽はファンタジーでダークでとっても好き。
合わない人には気持ち悪いと言われますが一度は観て頂きたい映画。
賛否両論ありますが単純なシナリオと未だ色褪せないダークでシュールで鮮やかな世界観が、私は大好きで御座います。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。