プロフィール

ろに

Author:ろに
主に好きなものについて好きなように語ります。買ったり作ったり、趣味の範囲で好きにするのが好き。
買:既製品のご紹介。
作:趣味で作ったものについて。
映画本:手持ち映画を思い出して観た時、新しく観た時等、辛口であろうと好きなものだけ(予定)。
徒然:ろにの何でもない日常。

あくまで若造が趣味、好きなものについて好きなように語っておるものですので、誤り・生意気意見等、ご容赦下さいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アダムス・ファミリー2』



『アダムス・ファミリー2』

鑑賞テンション:軽

シュールなものが続いてすみません…。
これも大好きな映画の一つです、アダムスファミリー。1も好きなのですが中々DVDが出回ってなくてトホホ。
この代がやっぱり良いですね。何ってやはり一番は若きクリスティーナ・リッチ演じる長女ウェンズデー。
あぁウェンズデーになりたい…今まで何度願ったか。ある意味憧れの人物です。この静かな、しかし無口ではなく、無表情しかし無感情ではない、辛口加減聡明さ加減、堪らない。友達になって欲しい、きっとなってくれないだろうけどそこが良い。学生時代割と小生意気に反逆的(ド下手くそで低級な)だった私には反逆やマイナー精神のシンボルかもしれません。
ウェンズデーだけでなくキャラクターの強烈さに演者さんが全員ピッタリな所がまた良い。
これもまた子供の頃に見てイメージが強烈だったのか、悪女デビーを演じたジョーン・キューザックが暫く悪女・セクシーイメージの女優でした。割と堅い役柄の女性も多いと分かったのは暫く後だったような。
ピリっと毒の効いたコメディ、痛快。この人の目を気にしない家族、それが可能な財力とか頭とか半分不死身な身体(?)を持ってる所がまたマイナーに生きる勇気の無い私には爽快。主人公達なのに割と悪役ぽいのがまた良いんでしょうか。
世間から見れば“異質”なアダムスファミリー(ダークサイド)と世間一般(ジェダイ)的な…上手く言えませんが登場人物達の立ち位置やその言動の差がまた面白いのです個人的に。悪なのに善、善なのに悪とはこれ如何に。
アダムス側にはディズニーは恐怖の対象、サマーキャンプの皮肉な描かれ方、キャンプを取り仕切る人が善人ポジでありながらしかし人間的な所が出て恐かったり、その上でのアダムス兄弟のサマーキャンプへの復讐劇、最高です。(実際の私は臨海学校とかちゃんとメジャーに乗っかって楽しんでましたよ。笑)
ある種、現実逃避的にスッキリしたい時、笑いたい時に観ているかもしれませぬ。癖が無い事は無いので万人受けとは思いませんが、気楽なシュールで笑いたい方にオススメ。


>おとぎ主様
あるだけでも中々楽しい代物です、是非お買い求めを。是非、お買い求めを(大事な事なので二回言いました)。
スポンサーサイト

僕の証を閉じ込める。

IMG_0428[1]_convert_20111019193743
縦横が違いますが、シーリングセットです。
ずっとやってみたかったんですよねぇ、シーリング。
ただ揃えると中々高いし、そんなに頻繁に使いもしないかなと我慢しておりました。
けれども入門編に丁度良い、全部揃って3000円弱、しかも箱が可愛い。活躍させる機会を探しております。
しかしシーリング…蝋を溶かす物がついてたので、試しに馬鹿な私はですね…普通のキャンドルで出来ないかと…やってしまいました。結果はお分かりの通り、水分水分し過ぎて大惨事となりました。普通のキャンドルとシーリングワックスは全然違うのだと痛感。蝋は蝋でも全く違うのです。皆様、シーリングは必ずシーリングワックスをご使用下さいますよう…。

さて本日、リンクにおとぎぬし様の『Mystic Forest』をお迎え致しました。
雑貨やお人形、おとぎぬし様が作られた樹脂のお人形等、ノスタルジックでファンタジーなブログをやられております。
センスレスな我がサイトからセンスフルな世界へどうぞ癒されて下さいませ。

『Run & Gun』 扉絵

IMG_0359[1]_convert_20111018165525

“六帝”の自主制作本の扉絵。
毎回何かしらテーマを決めて本の雰囲気を変えます。
この度のテーマは「マフィア」で、とりあえず装丁は黒いベロア(本当はベルベットが良いのですがコストの関係で断念)を使うという事は決まっておるんですが、ちょっとルパンとか怪盗ロワイヤルとか混じりなマフィアというテーマなので、雰囲気に迷います。
こう、スタイリッシュ寄りのクラシックっていうか…思い切りマフィアとかルパンより渋さ抑え目でちょっぴりガーリー混じりなイメージで…各人の個性考えたらこのようになりました。
………………マフィアは一体何処に行ったんでしょう。
強いて言うならば右側のピンクはちょっと不二子ちゃん的なあれに出来たかなと思うんですが…。ガーリーとかデコラティブっぽくなった感が否めない。前々からちょびっとずつ手直ししたんですが根本からして何かが…もう良いや←

マフィアとか怪盗と一口に言っても色々雰囲気は違うと思うのです。
クラシック寄りだとか渋いとか、スタイリッシュ系とかモダンとか…扉絵はさておき、装丁その他の問題について。
とりあえずメインカラーは黒として、サブカラーは金・深紅辺りだろうか…。
最近スチームパンク物が目に付いて気になって仕方なく、せめてこの扉絵と黒いベロアの雰囲気だけで合わせていければ良いのですが、其方に転がらないかが心配です。何せスチームパンクは少々ゴシックとかヴィクトリアン混じりで渋い。
マフィアとか怪盗と被る雰囲気があるとは思いませぬか。

ちなみにこの扉絵で使用したのは
・inforest『ガーリー素材集』
・インプレスジャパン『味紙とヴィンテージな雑貨たち』
9割以上はガーリーの方を使用しましたが、どちらも可愛い素材集です。
味紙の方はアナログ素材を丁寧に使い易く加工してありますので、コラージュされる方は重宝するのではないでしょうか。この扉絵ではほっとんど使用されておりませぬが…。

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

nightmare.jpg


『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

鑑賞テンション:軽

早速の映画一つ目。大好きな映画の一つです。
その中でも1,2を争う映画。少しだけフィギュアを持ってる程好きです。
初めて見たのは確か小学校の時だったか…WOWOWの放送か何かで見たのが初でした。
小さな頃に見た映画はずっと影響されるものですが、そのナンバー1。
キャラクター一つ一つがシュールで強烈でしかし絶妙に恐くはなくて、可愛いのです。
性格もジャックを筆頭にハロウィンタウンのちょっぴり阿呆で強引ででも悪気は無い住人達がたまらない。
私がどうこう言うまでもなくコアなファンの多い有名作品でしたが、ディズニーに属して更に有名になりましたねぇ。
そうなる前までは高校時代など、ジャックのピンバッジとかをブレザーの襟につけていると、よく同級生にドクロ好きと勘違いされたものでした。
ジャックやサリーといった主要キャラは勿論、町長やロック・ショック・メイヤーも大好き。どこが可愛いと言ったら全部可愛いと言うしかない。あの奇妙な外見といい阿呆さといい…(褒め言葉)
世界観やキャラクター、脚本は勿論、音楽も大好きでサントラも持っています。
ダニー・エルフマンの音楽はファンタジーでダークでとっても好き。
合わない人には気持ち悪いと言われますが一度は観て頂きたい映画。
賛否両論ありますが単純なシナリオと未だ色褪せないダークでシュールで鮮やかな世界観が、私は大好きで御座います。

土曜日の喜劇

紳士淑女の皆様、こんばんは。初めましての方もそうでない方も。
ろに と申します。または はんと と申します。
無謀コケティッシュからお引越しです。
一新…て程でもありませんが、日常のどうでも話に加えて好きな映画だとか
本の軽い紹介…とか批評とか言う程大層なものでもない、好き語りを
していこうと思っております。気が向いた時に←ここ重要
作ったものに関しても、何の知識も技術も無い若造が趣味以下の技術と
独学で作ったものですので、もっと良いアイディアあるのに阿呆めが、と
御教授頂けましたら幸いに御座います。

そんな感じで気分次第にやって行こうと思いまする。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。