プロフィール

ろに

Author:ろに
主に好きなものについて好きなように語ります。買ったり作ったり、趣味の範囲で好きにするのが好き。
買:既製品のご紹介。
作:趣味で作ったものについて。
映画本:手持ち映画を思い出して観た時、新しく観た時等、辛口であろうと好きなものだけ(予定)。
徒然:ろにの何でもない日常。

あくまで若造が趣味、好きなものについて好きなように語っておるものですので、誤り・生意気意見等、ご容赦下さいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『OZ』

おとぎぬし様のMystic Forestで取り上げられておりました『OZ』、私も大好きでございまして、DVDが無く嘆いていた所フリー動画の情報を拝見し、歓喜して即行鑑賞しましたので、私もこの映画について取り上げておこうと思います。
おとぎぬし様と動画投稿者様に感謝感謝。
御覧になりたい方はにこにこ動画で『OZ』を検索を。

さて語りをば。

鑑賞テンション:軽~中

軽いとはいえ、初の「中」ですディズニーで。あくまで個人的なものですが、御覧になれば私が今まで軽としてきた映画と比べてその理由がお分かりになるかと思います、はい。
オズの魔法使いの続きという設定で、ドロシーがカンザスに戻ったその後少し経ってからがOZの始まりです。
再びOZに戻る事となったドロシーは、そこで変貌したOZを目の当たりにします___
ディズニーだからといってそういうあれを侮るなかれ。小さい頃メリーポピンズだとかその他ディズニーアニメと同様のつもりで鑑賞した私はガーン!となりました。おとぎぬし様も仰られているようにホラーで恐いのではありませんのでご安心を。
しかし大人になって久しぶりに観て、多くの場面は楽しく観れたのですが…………
悪の王女(モンビ)の場面で寒気がしました。
何でしょう、音楽と状況のせいなんでしょうか…いつ観てもあの場面は体が強張ってしまいます。冷や冷や。思えば小さい頃に夢に出る程でした。
とはいえ、面白い映画です、雰囲気があり、映像美でファンタジー。オリジナルとまた異なる影のある世界と華やかな虹彩。
私もオズの魔法使いといえばオリジナルでなく、この映画から入った口ですので、最初はカカシだとかライオンだとか木こりだとか意味不明だったものです。この映画ではオリジナルのメインキャラクターが殆ど出てこないのです。ドロシーに協力するのは、新キャラクター達で、悪役も新しいです。個人的には、改めて見直してみてもう少しオリジナルのキャラが出ても良かったのではと思わないでもありませんが。
しかし新キャラクターも濃いです。善いキャラは勿論ですが、悪キャラ。悪の王女の手下に“ホイーラーズ”というのがいるんですが、改めてしげしげ見ると、昔、実写でどうやって撮影したのだろうと演者さんに感心します。両手両足を伸ばして地につけた状態で、四肢に車輪がついていて、それで移動するのです。あの車輪の金属音と、幼気な少女にまるで容赦無い脅しをかけるお兄さん(?)………この人達も小さい頃は中々恐かったな…。
いやはや…昔のディズニーは実写で、技術が限られた中で今見ても見劣りしないファンタジーな世界を作り上げていた点で凄いと思います。若干納得がいかない点もありますがそこはご愛嬌。
オズの魔法使いの新たな面を見たい方は是非ご鑑賞を。
スポンサーサイト

<< 中から綺麗に、と君は言う | ホーム | 『Run & Gun』 CDケース >>


コメント:

「ド~~ロシィ~~ゲェ~イル!!」
ぷちトラウマですな・・・昔は暫く悪夢にうなされておりましたわ・・・

♪ジャァアアアアアアアアン!
「「「「キャアァァアアアアアア」」」」

まさにその場面で御座います…。
そして振り返れば首無し…………嗚呼寒気。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。